会社方針

会社方針

株式会社 黒岩商店は 大正5年に機械工具商として創業し、以来お客様の信頼と満足の為に日々より良い商品・システムを提案してきました。「お客様第一主義」が我が社のポリシーであり、これからもお客様のニーズに応じた商品・サービスを提供していきたいと思っております。


ご挨拶

熟練の加工技術者は千分の1ミリの金属表面の誤差を指先の感覚で判断するといいます。また、工場内の温度変化や潮の満ち引きが加工機械に及ぼす影響までも読みこんで加工条件の微妙な調整をしていくともいいます。当社は戦前戦後の時代変化と、いくたの技術革新の波を通して、ものづくりの現場を知り尽くした技術者の方々の教えをお受けしながら歩んでまいりました。これからの時代も、技術者の方々の高いレベルを目指しての挑戦は続いていくに違いありません。弊社は皆様の「生産の現場」と「メーカーの開発の場」を結べつけながら、最新の商品と情報を伝えていく所存です。今後とも宜しくご指導ご鞭撻をお願い申し上げます。


代表取締役社長 黒岩真


会社沿革

大正5年
長崎市五島町5番36号において黒岩健治個人経営により工具商として創業
大正11年
取扱商品を一般作業工具・伝動装置用品・鉄鋼材に変更
昭和21年
合名会社 黒岩健治商店 を設立
昭和37年12月
株式会社 黒岩商店 を設立 (資本金2,000千円)
昭和38年4月
株式会社 黒岩商店 が 合名会社 黒岩健治商店を吸収合併
昭和43年9月
小ヶ倉営業所を開設 (長崎漁船装備品工業共同組合に加盟)
昭和45年8月
時津営業所を開設
昭和48年8月
資本金を 3,000千円に増資
昭和49年7月
資本金を 5,000千円に増資
昭和56年8月
資本金を 8,000千円に増資
平成元年8月
資本金を 12,000千円に増資
平成7年
時津営業所を現在地に移転
平成20年
本社を現在地に移転